包茎手術体験団TOP > 手術当日 > 手術がはじまった!

 

包茎手術がはじまった!

いよいよ包茎手術開始!
私の包茎手術方法は『亀頭直下埋没法』(亀頭下の部分にある皮を切り取って、カリで縫い合わせる方法)

私はベッドにあおむけになっていましたが、かなりの恐怖で手術の様子は見る事ができません。

なにかオチンチンに針を刺す痛みが走ったと思ったら麻酔をされていたのでしょう。
さすがにショッキングでした。オチンチンに注射なんてされたことなんてありませんから。

それから数分後、麻酔が効いたと判断したのかレーザーメスの登場のようです。
聞きなれない『ジジジッ・・・』と言う音とともに、オチンチンに痛みが走りますがグッとこらえます。
恐らくまだ麻酔の効きが間に合ってなかったのか?

そのうち痛みも無くなったのですが、レーザーメスの音は続きます。

手術途中、スタッフが先生に電話が入った事が伝えれらます。

女性スタッフ:『昨日包茎手術した方が縫った糸が取れたと』
先生:『・・・どんなアクロバットしたんだ?』
とあきれ顔。
先生は来院するよう指示を出し、私の手術に戻ります。

またしばらくすると先生が『ちょっとあと一人応援お願い』と言うと、男性スタッフが連れてきたのは女性スタッフ!
(うっそ〜!男性スタッフだけって書いてたじゃん!)

と思いながらも、そんなことはおかまいなし。(言う度胸もありません)

ようやく、皮がつっぱる感じがしたので縫い始められたのでしょう。
包帯も巻かれ、
先生:『はいっ終了!』

手術時間は覚えていません。

オチンチンを見ると包帯が巻かれた先に亀頭がちょっと見えて痛々しい姿でした。

帰りに痛みどめと、今後の注意事項(シャワーはいいが、風呂は2週間NG。セックスも3週間位制限)を伝えられ、緊張から解かれた1日の疲れを感じながら電車で帰ったのでした。

 

包茎手術当日記事一覧

いざ!包茎クリニックへ

包茎術当日、かなり緊張していたのでいてもたってもいられず、3時間前には名古屋入り。クリニックの場所を確認するため、雑誌の地図を写したメモを頼りに場所を確認。周りには目立...

手術がはじまった!

いよいよ包茎手術開始!私の包茎手術方法は『亀頭直下埋没法』(亀頭下の部分にある皮を切り取って、カリで縫い合わせる方法)私はベッドにあおむけになっていましたが、かなりの恐...

帰宅後の様子

電車の中では、今までに悩んでいた仮性包茎から解放された喜びもちょっと。オチンチンのシクシクする痛みがあり、つり革につかまって立っていられましたがとても違和感があります。...