包茎手術体験団TOP > 包茎の種類 > カントン包茎(かんとんほうけい)

 

嵌頓包茎(かんとんほうけい)について

カントン包茎は普通の状態でなんとか亀頭を露出することはできますが、包皮口が狭いために締め付けがあったり、勃起時には亀頭を露出出来ない状態。



無理に剥いてしまうと包皮が元に戻らず陰茎を締め付け鬱血したり、亀頭の下がドーナッツ状に腫れあがったりしますので至急医療機関での処置があ必要になります。

ちなみに漢字では『嵌頓包茎』と書きます。

 

包茎の種類記事一覧

仮性包茎(かせいほうけい)

包茎の中で、最も多いとされている仮性包茎(かせいほうけい)。普通の状態で、亀頭の全部もしくは一部が包皮に覆われ、勃起すると抵抗感なく亀頭を全部露出できるタイプの包茎。 ...

真性包茎(しんせいほうけい)

包皮口(先端の皮が開くところ)が狭いために、普通の状態・勃起時ともに手で剥いても亀頭が露出出来ない状態の包茎。包皮と亀頭が癒着している場合もあり。包皮が亀頭を覆っていて...

嵌頓包茎(かんとんほうけい)

カントン包茎は普通の状態でなんとか亀頭を露出することはできますが、包皮口が狭いために締め付けがあったり、勃起時には亀頭を露出出来ない状態。無理に剥いてしまうと包皮が...